バキュームフライ(減圧フライ)製法

色鮮やかなまま、素材本来の風味や旨み
栄養素を損なわない製法



バキュームフライ(減圧フライ)乾燥・特徴

旬香が導入しているバキュームフライ乾燥は、密封したフライ装置内を減圧し、熱媒体として植物性油脂を用い、油温を80℃〜100℃にして乾燥を行います。 (解説)
このような減圧状態では食材に含まれる水分を短時間に蒸発させることが可能となり、結果として次のような特徴を持つ乾燥食品となります。


  • 原料の加熱に植物性油脂を利用し、水分の蒸発を促し、短時間で乾燥します
  • 減圧下で低温フライするため色素の変性が少なくビタミン類・ミネラルなどの栄養素及び風味・香りなどを壊さず保持できます。
  • 減圧下で低温加工のため、フライ油の酸化劣化が遅く含油率も低くなります

バキュームフライ製品3つの特徴

  1. サクサクと食べやすい
    (香味と食感に優れている)
  2. 栄養素が多く残っている
    (色調・栄養成分に優れている)
  3. 新鮮さをお届け
    (保存性・復元性(湯戻り)が高い)

バキュームフライ加工機械


バキュームフライ加工機械の仕組み


 

解説

山の上などでお湯を沸かすと、100℃にならなくても沸騰するように、気圧が低く水を抑え付ける圧力が下がっている状況下では100℃より低い温度であっても水が沸騰し、蒸発します。
この気圧の低い状態を人工的に作り出すことにより、食材に含まれている水分も同じように低い温度で蒸発するようになります。
これに更に植物油で加熱する事で、より素早く水分を蒸発させることが可能になります。


野菜チップス・果物チップス製品についてのお問い合わせ

野菜チップス・果物チップス(バキュームフライ)製品についてのお問い合わせは、お電話(084-973-2107)またはこちらのお問い合わせフォームからお願いいたします。